書き出し機能の使い方

書き出し機能を利用すると、執筆したユーザーごとに、投稿したノートのテキストと画像をダウンロードできます。プレーンテキスト形式、Movable Type 形式、Evernote 形式の3種類のフォーマットが選べます。

この機能は、iOS アプリではなく、PCのブラウザから ShortNote サイトにアクセスして操作してください。

ユーザーの [基本設定] のページを開く

ユーザーのニックネームやアイコンを設定するページです。

サイドバーメニューの [設定] 画面にある [(各ユーザーの)基本設定] をクリックします。

1_setting.jpg

ユーザーデータを書き出す

基本設定ページの下部にある "ユーザーデータの書き出し" 項目にある [書き出し] ボタンをクリックします。

2_exportmenu.jpg

4つの設定項目と、書き出し完了の通知を送るメールアドレスの設定メニューが表示されます。設定項目の内容は、以下の通りです。

書き出しフォーマット

Plain Text(プレーンテキスト形式)、Movable Type、Evernote の3つの形式から、書き出すフォーマットを選べます。YouTubeなどの埋め込みはテキストリンクになります。

3_format.jpg

ハート / 励ましのお便りの書き出し

ノートごとにハートをくれたユーザー名、励ましのお便りの内容を追加するかを選べます。

4_heart_comment.jpg

画像データの書き出し

ノートに利用した画像データを含めるかどうかを選べます。書き出す場合、画像データをノートごとにフォルダ分けして出力します。Evernote形式の場合は、画像データはインラインデータとしてテキストファイルに含めます。 ※画像データはデータ数が多いと書き出しに時間がかかります。不要の場合は「NO」を選択してください

5_image.jpg

メール通知の設定

書き出し完了後に送られるメールの通知先を入力してください。何も入力がない場合は、アカウント設定で登録されているメールアドレスにメールを送ります。

6_mailaddr.jpg

書き出しデータをダウンロードする

書き出しには時間がかかります。書き出しが完了したら、メールで通知が届きます。ノート数が多い場合、いくつかのzipファイルに分割されます。それぞれのzipファイルをクリックして、ダウンロードしてください。

7_exportmail.jpg

ShortNote Web版の管理画面からも、書き出したデータをダウンロードできます。

8_exportweb.jpg

※書き出しデータの保持期間は書き出し後、30日間です。
※また同時に作成できる書き出しデータの数は3つまでです。

更新日: